ネガティブな気持ちが早漏を引き起こす!?うつと早漏の関係

【恥】フォアダイスを治療する前の苦い過去を告白!

MENU

ネガティブな気持ちが早漏を引き起こす!?うつと早漏の関係

うつとは心の病で、軽度の状態では一見すると何も異常がなく、本人も自覚症状がないことが多いのが特徴です。うつは一見すると肉体の異常である早漏とは何も関係がないように思われますが、体と心には大きな関係があります。ここではうつと早漏の関係について説明したいと思います。

 

うつの一種にパニック障害と言われるものが存在します。パニック障害は強い不安や緊張によって過呼吸や腹痛、激しい動悸を感じる障害で肉体には異常がないにも関わらず特定の時に起きるのがほとんどです。精神的な原因から起きる早漏もこのパニック障害と一緒だと言われており、上手くしよう、嫌われないようにしよう、と無意識に自分を追い詰めている危険があります。

 

この場合、放置しておくと悪化しやすく、うつやED、夫婦関係の亀裂などに発展する可能性があります。それを防ぐには最初から全て上手くしようとするのではなく、一緒に楽しもうと相手の協力を得るようにしましょう。特に相手の協力を得る解決法は早漏の再発防止や早期改善にも効果があるためあなたの強い力となってくれるでしょう。早漏を解決するためにもストレスを定期的に発散し、心のケアをしましょう。